2013年07月14日

プリンタ修理

エプソンのPM-A900が、部品交換してくださいときたもんだ。
ググってみたら、廃インクタンクが満タンらしい。メーカー修理で数千円ってことなんでだしとこうと思ったところ、すでにサポート切れ。
なんじゃそりゃ。
要は、エプソンの時限装置で、続けて使いたかったら金を出せ。ってこと。
複合機なのにスキャンすら使えないみたい。
で、新しいの買おうかとも思ったけど、興味本位で自分でなんとかしてみようと思って分解してみました。

・・・

・・・・・

思ったより大変だったんで、写真でもとっておけば良かった。
とりあえず解ったことは、完全な時限装置であり、吸収パットには余力が十分ってこと。
初回はSSCでリセットするだけでいんじゃないかな。
せっかくなんで、廃液タンクは500ccのペットボトルにしましたので、ほぼ永久的に使えます。

そういえば、給湯器、洗濯機なんかも延命処置してたな。
なんてビンボーエコなでしょう。

早くデビルウイングが壊れないか待ち遠しい今日この頃です。



追記
ヘッドクリーニングを数回やったら、もうすぐ交換よーって出たんで、結局は
AdjustmentProgramでリセットかけました。
それにしてもメーカーで本当に吸収材を交換しているのか疑問。
ちょっとめんどくさすぎる。ただリセットかけてるだけじゃねーの?と思いました。
かかった費用

PVCチューブ1m 65円
つなぎ 105円
ペットボトル 0円
技術料 7時間 42000円

道具だけなら170円で復活できましたw


パチンコ・パチスロ ブログランキングへ

posted by 黒玉 at 19:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。