2013年09月21日

消費税やっぱり?

来年に8%!!って思ったらまたトバシかよw

TPPやカジノ法案もそうだけど、この消費税増税でなんか儲からないか?と思案してたんですが、タナボタ的に発見。カモン増税!!www

新台チェックしてなかったんですが、アレジン出るってまじですか?
朝一並びで、「サンダル禁止」復活なるか。


パチンコ・パチスロ ブログランキングへ

posted by 黒玉 at 01:31 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

カジノ法案とぱちんこ

IR(統合型リゾート)推進法案を通称カジノ法案と呼んでいるらしい。
この法案を推進している、国際観光産業振興議員連盟の最高顧問が阿部首相である。
内閣は来夏までは現状維持との見方が強く、すでに話し合いが行われてる法案については通していく
んだろーなと僕は思ってます。

現在20兆円産業のパチンコ。これらは換金があるからこその数字。この巨大産業からの税金も相当なものだというのは以前の記事でも書いた通り。
ところが、カジノとグレーのパチンコが共存するのはおかしいだろってのは当然であり、パチンコもギャンブルとしての位置づけをし、換金も合法化しようって意見があるようだ。
しかし、ここで問題となってるのが平等性。
どこの店でも同じ確率で、同じ土俵でということ。いまは、釘調整が店舗ごとの違いとの認識らしい。
ならば、釘調整や不正ができない「封入式パチンコ」をということでの話しが持ち上がってる。
現状と会議室では大きな乖離が生じているところに、非常に違和感を感じる。

大衆娯楽として発生したパチンコ。かたや、富裕層のリゾート娯楽として発展したカジノ。
全国各地、田園のなかにすら定着したパチンコが20兆円の産業であり、カジノは数百億程度(憶測)の産業である。
このままこの法案が進んだら、このアンバランスさがどのようになっていくのか。
パチンコが大衆娯楽に回帰するのか、もしくは、ギャンブルとして確固たる地位を築くのか。
いずれにせよ、ぱちんこをクイモノにしていくうちは、日陰にいれたらなーと思う。
どのギャンブルでも、胴元が儲け客が負ける。そのごく隙間に、勝つ客が居る。
これは不変であって欲しい。


パチンコ・パチスロ ブログランキングへ

posted by 黒玉 at 01:06 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。